子宮筋腫が大きくて体外受精しかないと言われていた保育士さんが人工授精で妊娠した喜びの声

お客様の声

今回の記事では子宮筋腫が大きくて体外受精しか妊娠が無理だと言われていた保育士さんが人工授精で無事妊娠できた喜びの声を頂きましたので報告します。

こんにちは不妊インストラクターの「たけだ整体院」院長武田です。

今回の方は結婚してすぐに子供が欲しかったのですが、大きな子宮筋腫がありその上に生理痛やPMSなどがありました。さらに保育士の仕事が忙しく肉体的にも精神的にも疲れて体調がすぐれない状態でした。

そこで元気な子供が授かれるように体調を整えていく不妊整体を行ったところ3回目の人工授精で妊娠することができました。

本当に嬉しい報告を頂きました。

そこで今回この方がどのような方法で体調を整えていって妊娠に至ったのかをお声を交えながら解説します。

現在お子さんがなかなかできなくてお困りのみなさんの参考になると思います。
ぜひお読みください。

こんな人におススメの記事です

・子宮筋腫や子宮内膜症があって妊娠しにくくて悩んでいる
・生理前症候群|PMSで悩んでいる
・生理痛や生理不順があり妊娠しにくい
・仕事で体や精神が疲れている
・妊娠するための体質づくりをしたい

S.Sさん 妊娠喜びの声 36歳 和歌山市


35歳で結婚し、すぐにでも赤ちゃんを授かりたかったのですが、なかなか妊娠できませんでした。
病院へ行き検査を受けると、子宮筋腫がある事が分かりました。
通水検査や卵管造営検査は異常なしとの事でした。

何か出来る事はないかと悩んでいた時に、りらく亭のホームページを拝見しました。
院長先生は食生活の事や自律神経の事等を教えてもらいました。

また、仕事でのストレスが大きい事も指摘されました。
色々と深く考えてしまう時が多かった私の話しをいつも真剣に、そして優しく聞いて下さり、とても安心できました。

人工授精をする事3回目。妊娠することが出来ました。
その間も先生に教えて頂いた食生活には十分気を付けていました。
本当にりらく亭に出会えて良かったです。ありがとうございました。

※これらはあくまで個人の体験談であり得られる結果には個人差があります。

S.Sさん症状と妊娠までの経過

1、疲労やストレス、睡眠不足など妊娠できる体調ではなかった

Sさんはお医者さんから子宮筋腫が大きいので体外受精を進められていました。それはそれで問題だったのですがそれ以上に体調が非常に思わしくありませんでした。

保育士さんという仕事がら体も使いますし精神的にも気を使います。その上遅くまで仕事をすることもありました。体は妊娠するだけの余裕のある状態ではありませんでした!

ただ一番の問題はSさん自身体が疲れ切っているという事に気づいていませんでした。

Sさんに限らず不妊整体に来られる方で体調がそうとう低下しているのにもかかわらず、それが当たり前に感じている方が多いです。

そんな疲れ切ったからだと心で多くの方は体外受精などに挑まれます。
これでは疲れた体にムチ打つようなものです!!

結果が出ないと薬や注射が増えていく事も珍しくはありません。これでは皆さんの身体がいい方向に行くことは少ないです。

Sさんもまずは妊娠できる体の余裕を作ることにしました。
特に次の3大ポイントが低下していましたので重点的にしました。

2、妊娠するために整えておく3大ポイント!!

妊娠するためには次の3大ポイントは必ず満たしておく必要があります。
これらはすべて命に直結するところです。

妊娠という命を生み出す過程において自分自身の命のエネルギーを作り出す3大ポイントが低下していると妊娠力は上がってきません!!

①睡眠

みなさんは何時に寝ますか?

12時以降に寝るでしょうか?


実はこのことだけでも体は不調になります。

身体を健康に保つために私たちは生体リズムというものがあります。

これは22時までには寝るのが理想です!!

そこから4~5時間は非常に重要な時間で、体を体を修復したり血液・ホルモンをつくったりします。
妊娠を目指すなら必須の条件です。


12時以降ですと体も十分に休息が取れませんし血液も十分作れません。

しかし遅く寝て体を十分回復させることができないまま毎日を過ごされている方がとても多いのです。

私が22時に寝て下さいと言うと皆さんびっくりします。
それだけ皆さん遅く寝ています。

これはここ何十年の話でそれまで人類が始まってから何万年もの間は早く寝ていました。
人間はそんなに急に生体リズムを変えることはできません。

Sさんも睡眠を十分にとってもらうようにしたところ疲労が取れて活力が出てきました。

②呼吸

呼吸も不妊の人が直面している大きな原因の一つです。

呼吸なんてと思われるかもしれません。

ところが3分息をしなかったらどうなるでしょうか?
・・・
・・・
・・・
もうお分かりですよね。
命が危険になります。
そのくらい命と直結するところです。

この呼吸の部分が現在人はものすごく浅くなっています。
「虫の息」という言葉があります。 呼吸がいまにも絶えそうに弱々しいことを現わしていますが本当にそのような方がたくさんいます。

ストレスやパソコン作業などで呼吸が浅くなります。

試しに皆さん呼吸のチエックをしてみて下さい。
息を10秒かけてお腹いっぱい吸います。次に20秒かけてお腹をへこますように吐きます。

どうでしょう?
これは楽々できたでしょうか?これがもししんどいようでしたら相当息が浅くなっています。

妊娠は自分だけでなく赤ちゃんにも沢山の酸素を運ばなければいけません。
こんな浅い呼吸では妊娠がしにくくても当然と言えます。

Sさんも呼吸がすごく浅かったので深い呼吸ができるようにしていきました。

③食事

食事もまた不妊に直結する問題です!!

とくに保育士さんなどは昼休憩といってもゆっくりと食べる時間があまりない事が多いです。

それこそおにぎりを急いで食べて終わりとかもあります。

時間がないので食べやすいもので済ますことも日常茶飯事です。

これがいけません!!!

食べやすい物といえばパン、うどん、おにぎりなど糖質の多いのもが占めます。
空腹にいきなり糖質を早食いすると急激に血糖値があがります。

これは身体に「糖化」という悪い状態を引き起こします。
身体のコゲともいわれて老化を早めたりします。

特に卵巣で質のいい卵子を育てるのには非常にマイナスになります。

そこでSさんにはいきなり糖質を取らずに野菜などから食べる。
早食いはやめるなどをお伝えしました。

さらに食品の偏りもありましたのでオーソモレキュラー療法の考えに基づいて妊娠に適した食事の指導もしました。

3、妊娠はしたが不安は消えず

妊娠に必要な3大ポイントを中心に運動や自律神経の調整などを行って体を整えていきました。

そして人工授精3回目で念願の妊娠を確認することができました!!

ところが本来は喜びに満ち溢れる時期なのですがSさんの心は心配でいっぱいです。

それは子宮筋腫が大きかったため先生からは常にそのリスクを言われていました。
毎日が不安で不安で仕方ありません。

そうなると妊娠前よりも自律神経の緊張が生じていました。
そのたびに整体で体と心がリラックスできるようにさせて頂きました。

本当に仕事が終わってから来院するときはいつも泣きそうな顔で入ってこられました。

でもそんなSさんの努力もあって順調に育ち出産まであと1か月という所まで来ました。
やっと顔にもゆとりが生まれて安心感が出てきました。

本当にSさんここまで無事来れて本当に良かったです。
出産直前まで来院予定ですので安産で生まれるように全力でサポートさせて頂きますね。

まとめ

Sさんのように子宮筋腫を持っている。
又は子宮内膜症がある。
病院で妊娠しにくいと言われている。

そんな場合でもまずは自分の身体を妊娠しやすくすることが大事です。
多くの方で睡眠不足、呼吸が浅い、食事が乱れているなどがあります。

この3大ポイントを十分満たすとあなたの命を作り出すエネルギーはアップします。
そうすれは妊娠できるくらい余裕のある体になるでしょう!!

もし現在不妊で悩んでいるのならぜひたけだ整体院にご相談下さい。
詳しくみさせて頂いて3大ポイントの中でも特にあなたに合ったものを提供させて頂いています。

そして妊娠できる体づくりを一緒にやっていきましょう。
一日も早くあなたが赤ちゃんと出会えるように全力でサポートさせて頂きます。

ご予約受付中

ご予約は今すぐ電話かLINEで

電話予約方法

予約電話|受付朝8時から夜8時 担当:武田
073-460-1480
こちらに直接お電話下さい。スマホの方は下の電話をタップすればかかります。

初めての方でも分かる電話のやり方 ▶▶▶クリック

LINEでの予約はこちら

ここをクリック↓↓↓

QRコードが読み込めないときはID検索で「@qno366i」を検索し追加して下さい。

タイトルとURLをコピーしました