不登校。ただただ苦しかったです!今は自律神経整体で回復し自分で進学を決めました!

オーソモレキュラー療法

こんにちは自律神経専門整体「たけだ整体院」の武田です。

今回は中学3年の時から不登校になり一年間学校に行けなかった男子が自律神経整体で元気になりました。

そして自分で進むべき道を決めて進学することができました。

その喜びの声と不登校の原因や自律神経整体の実際について解説しています。
現在不登校のお子さんをお持ちでお悩みの方の参考になるかもしれません。

ぜひご覧ください。

この記事はこんな人におススメです。
●不登校のお子さんに元気になってほしい
●病院に行っているが思わしくない
●頭痛やお腹いた、起立性低血圧、身体症状症で悩んでいる
●薬以外でどうにかならないか探している
●親として何かできることがないか探している

Aくん喜びの声

初めてたけだ整体院を訪れた時、体のどこが悪いのか分かっていませんでした。

しかし、回を重ねて良くなっていくと、最初はかなり悪かったんだなと感じました。

通い始めて、体に変化が起きました。まず、施術してもらった日はよく眠れるようになりました。最初にあった頭痛や腹痛も治っていき、そして色々な焦りがなくなっていきました。

先生は、毎回体が今どんな状態なのか分かりやすく説明してくれるので、とても安心します。

ひとりで抱え込むのは良くないと改めて思いました。

1年前のことはあまり覚えていません。ただ、苦しかったと思います。

1年前の自分に「大丈夫だよ」と言ってあげたいです。

たけだ先生に出会えて良かったです。感謝しています。 

※これらはあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※これらはあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

Aくん症状と経過

Aくんは中高一貫の進学校に行っていました。成績はよく一番上のクラスに在籍していました。

中学3年の時に友達関係でトラブルがあり一度学校に行けなくなりました。でもその後復学ができてしばらくは以前と同じように学校に行っていました。

でも学校では一人でいることが多く疎外感を感じることもありました。その上勉強が大変で下のクラスに落ちてはいけないという強迫観念に常にさらされていました。

そして中学3年のある時にひどい頭痛や腹痛が起こりました。そして全く学校に行けなくなりました。病院には行きましたがほぼ変化はなく毎日つらい日々を送っていました。

そしてお母さんがネットで当院を見つけて頂いて来院となりました。

Aくんが元気になった3つのポイント

Aくんは初め整体に来るのは乗り気ではありませんでした。でも来ていただいて色々と話を聞いているうちに今まで心にたまっていた事、我慢していたこと、つらかったこと、親にも言えなかったことなどが出てきました。

Aくんに限ったことではありませんが、不登校や起立性調節障害、パニック障害、身体症状症などの学生さんはまじめな頑張り屋さんが多いです。

Aくんも成績が良かったのでそれを守らないといけない、でも学校では友達関係ももう一つうまくいかない。そんな中で心と体が悲鳴を上げたと思われます。

そこでこんな時は自律神経のバランスが大きく崩れていることがほとんどです。その上非常に重要なあることも回復を妨げていることが多いです。

そこについて施術を行っていったところみるみる元気になってきました。次に行った施術について解説していきます。

1 自律神経整体で心イキイキに!

学生さんに限らず大人でもストレスが慢性的にかかると自律神経はバランスを崩します。自律神経がうまく働かないと体はきちんと動いてくれません。

・起きようと思っても起きれない。
・やる気が出ない
・ひどい頭痛やお腹いたがでる
・体に力が入らない
・食欲がなくなる
・体中が痛い
・今まで気にならなかった周りの事や人の事がすごく気になる

などが出てきます。

こんな状態では学校に行くことができません。
Aくんもこのような症状がありました。そこで自律神経の調整をおこないました。

多くは首の後ろにストレス玉という固まりができます。これは自律神経が緊張している表れです。そしてここを押す人がいますがそれはかえって逆効果です。

自律神経が緊張してもうそれ以上耐えられないという状態になっていますからそれを押してしまうと脳はさらに緊張してストレス玉がより固くなってしまいます。

そこで特殊な脳の緊張をとる整体を行ってストレス玉をとります。そうすると首が軽くなります。

その結果

・脳の血流がよくなる
・自律神経がリラックスする
・気持ちが落ち着く
・冷静に考えられるようになる。
・体の痛みが消える
・やる気が出る

などの変化が出てきます。

Aくんもストレス玉をとったらみるみる顔色が良くなりました。

2 ビタミンB・C、鉄の補充で質的栄養補充

そして多くの学生さんの回復を妨げている原因があります。でもこれは隠れていることが多いので本当に見つけにくいです。

Aくんも相当ありました。

それは「副腎疲労」です。副腎疲労とは何かといいますと副腎というホルモンを出すところが疲労してうまくホルモンを出せない状態です。

副腎はストレスから体を守るホルモンを出しています。これは私たちがストレスに立ち向かうために必要不可欠です。

でも長年ストレスがかかっている。
あれもこれもストレスがある。
そんな状態が続くとさすがに副腎も疲れてきてあるときにストレスホルモンをうまく出せなくなります。

そうなると今までストレスホルモンのおかげでストレスに立ち向かっていたのにそれができなくなります。体はダウンしてしまうのですね。

これではもうこれ以上頑張れませんから親や周りが学校に頑張って行けと言ってもいけません。
本人が根性と気合を入れたところで体は動けない状態です。そこに周りが頑張れと追い打ちをかけると状況は悪化してしまいます。

副腎疲労が起こると次のような特徴が現れます。
・朝起きれない
・夕方5時くらいからは元気になる。朝の状態がウソのように活動的になる。
・甘いもの辛いものが食べたくなる
・おへその横を押すと強い痛みがある
・背中を押すとゴリゴリの固まりがある

などが出てきます。

Aくんもこの副腎疲労が相当ありました。
そこでこれを回復させるのにはまずビタミンなどの栄養素が必要です。

ストレスと腹痛で副腎に必要な栄養素が欠乏していることが多いです。そこでビタミンB・Cなどを中心に鉄なども補うように指導しました。
そのほかにもミネラルが必要なのでこれらの指導も行いました。

その結果これは非常に良かったみたいで本人さんもお母さんもあれを飲むようになって本当に元気になったと実感したみたいでした。

当院ではオーソモレキュラー栄養の資格を持っているのでそれに基づいた栄養指導を行っています。栄養はなかなか自分では何をとっていいのかわからないものです。

でもきちんと必要なものをとれば回復は一段と早くなります。

3 ご両親が一番変わった!

学生さんの不登校が回復するときになくてはならないのがご両親の考え方の変化です。
Aくんのお母さんも初めは学業の心配が多大にありました。

・成績が落ちたらどうしよう
・上位のクラスから落ちたらどうしよう
・進級できなかったらどうしよう
・いままでの道から外れたらどうしよう
・学校に行かなくてはいけない

などのこだわりがありました。

でもお話をさせて頂く中でそうではない道もある。
道は一つではない。
どのような回り道をしても子供が行きたい方向に行ける。
など多様な価値観を知って頂きました。

そうするとお母さん自身がものすごく気持ちが軽くなりました。
お母さんの表情が良くなって子供に心配オーラを出さなくなったことによってAくんは解放されました。

お母さんも気持ちが解放しました。

そうなると幅広い世界が見えてきます。一つのことにがんじがらめになっていた時は見えなかったものが見えてきます。気持ちが軽くなります。

そうして今の学校に戻ってもいいし、そうでなくてもいい。
今の学校は世間的にみれば非常に学業優秀で評価される傾向にあるが、自分はそうではなかった。
自分の本当にしたいことはそうではなく違う道だ!

そうしてA君は自分で自分の進むべき道が見えてきました。
今の学校をやめて自分で選んだ高校に行くことにしました。

しかし
・・・
・・・

不登校でご来院するご両親の中には「子供をなおして欲しい」と言ってこられる方がおられます。一見すると当たり前に聞こえますがここに大きな問題点があります。

それは問題があるのは子供!!!
親の私には何も問題はない!!

そういうスタンスのご両親がいます。特にお父さんにこのような傾向があります。
実はいま40~50歳くらいのお父さん世代は学歴社会がまだまだあった時代で「頑張る」のが当たり前でした。少々しんどいことがあってもそれは当たり前。そんなもの乗り越えて当然。そんな考えを持たれている方も少なくはありません。

でも現在は考え方、価値観の変化が急速に進んでいます。いまの若い方とお父さんお母さん世代とは何を重要視するかは違ってきます。

でも中にはご両親の成功体験からその方法が正しい。そうするのは普通。そうするべきだ。それが当たり前やろ。みんなと一緒がいい。一人だけ違うのはおかしいなどにこだわっているかたもいます。

子供さんはその呪縛に苦しんでいることもあるのです。でも言い出せない。我慢している。そのうちに自分自身の本当の気持ちと現実にギャップが生じてきます。

それが積もり積もると不登校や起立性調節障害、パニック障害、身体症状症などが出てくることもあります。

これらの症状を取り去るには実は親の考えが変わる。親も考え方をアップデートする必要があります。
でも頑固な人はここが一番難しいところかもしれません。

でもAくんのお母さんはそれにすぐに気づいてくれて新しい価値観を認めることができました。そしてAくんだけでなくお母さんももの凄く楽になりました。

まとめ

Aくんはいま高校に行っています。
進学校に行っていた時とは比べ物にならないくらいイキイキとしています。
将来進みたい方向も見えつつあります。

本当に来院するたびに表情が良くなり元気になりました。
今では家でお母さんを手伝って料理もするようになりました。

お父さんともキャッチボールをして触れ合う時間も増えました。
家族みんながA君の不登校を通じて気づきが出ていい方向に行ったようです。

またAくんに限らず当院に来ていただいている不登校の学生さんで学校を変わられた方はほぼ皆さんイキイキしています。

それは自分で選択して行ったからです。


幼いころから自分で自分の人生の主導権を握ることが少なかった傾向がありました。中学、高校になると自我が出てきます。自分の人生の主導権を自分で持ちたくなります。

でも親や外部からの意見でその通りに動いていると学生さんの心の中では矛盾が生じて心身に不調が出たりします。

もし現在お子さんが不登校でお悩みならそれが子供さんから親に対するサインかもしれません。子供だけの問題ではなく家族の問題としてとらえてみてはいかがでしょうか?

きっと解決の糸口が見えてくると思います。もしわかりにくいときは当院ご来院ください。
一緒に回復の糸口を見つけていきましょう。

ご予約受付中

ご予約は今すぐ電話かLINEで

電話予約方法

予約電話
073-460-1480
こちらに直接お電話下さい。スマホの方は下の電話をタップすればかかります。

初めての方でも分かる電話のやり方 ▶▶▶クリック

LINEでの予約はこちら

QRコードが読み込めないときはID検索で「@qno366i」を検索し追加して下さい。

不調の原因がこれでわかる小冊子無料プレゼント中

施術家の方へ

タイトルとURLをコピーしました